塾長ブログ

ねないこ だれだ

本が増え過ぎて、我が家の本棚から本が溢れています。これはまた新しい棚が必要かな…。

1人で本が読めるようになった頃、娘や姪の菜々子がよく読んでいたのが、せなけいこさんの絵本です。「いやだ いやだ」「あーん あん」「ルルちゃんのくつした」はそれこそ何度読んだことか。

「く•ま•ちゃ•ん•も、や•だ•って•いうよー」と1文字1文字切りながら、たどたどしく読む姿が可愛くて堪らなかったなあ。

 

イラストに包装紙や封筒、紙袋など、身近な紙を切り貼りして仕上げるという先生オリジナルの手法が、唯一無二の「味」となって独特な世界観を生み出しています。

 

 

前回の幼児教室のプレゼントを探していた時にセリアで見つけたのがこちら。